自宅マンションが築10年 給湯器交換などリフォームの検討開始

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

自宅マンションが築10年を経過しました。
幸いに、何も不具合無くここまで来ていますが、次の10年の為に何をしなきゃいけないか、リフォームも含めて検討を始めました。

と言っても、夫婦2人でライフスタイルに変化は無く、子供部屋の心配なども要らないので、設備の老朽化対策くらいでしょうか。
マンションなので外回りや共用部分は別途管理組合でやりますし。

結局、課題に残ったのは下記の2点。

  • 給湯器
  • ガスコンロ

給湯器

現在設置されているものは、ノーリツのGTH-2435SAWX3H-T BLで、暖房機能付き24号というもの。

最近マンション管理会社の方から交換のお勧めの案内がありましたが、費用は本体価格40万円以上のところ団体割引きで工事費込み30万円代でやりますとの事

いや、ちょっと待て!
安い買い物じゃないので、相見積もりを取らないとね。
ネットで見積もった感じでは、工事費込みで20万円みておけば大丈夫そうなので、うちは管理会社には頼まず個別で交換します。

急遽壊れて風呂に入れないのも困りますし、在庫がないからと法外に高いものを入れる羽目になっても困るので、計画的に換えたい。

ガスコンロ

現在設置されているものは、リンナイのグリル付3口ビルトインコンロ RBG-31A7FS。

正直汚れが目立って来ていますし、故障したら交換だろうと考えています。
ただし、急遽壊れたとしてもそれほど困りはしないので交換は故障時まで先送りにします。

機能としては汚れを落としやすいガラストップは必須として、余計な電子的な機能は無い方がイイな(壊れるから)。

上位機でも10万円見ておけば良さそうかな。

応援ありがとうございます
>>家計管理・貯蓄ブログランキング
スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする