ENEOSでんきに変えて1年の電気代実績は1万円以上安くなりました

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

昨年4月の電力自由化から1年が経過しました。

我が家では検討の結果、東京電力からENEOSでんきに変更を行っています。

電力小売自由化に向けて変更先を検討していましたが、我が家は今月1日よりENEOSでんきに切替わりました(工事等無し)。 電気代...

さて、1年間の実績について電気代の集計を行いました。

スポンサーリンク

年間電気代の比較


上段は昨年の5月以降ENEOSでんきに変えてからのデータ。下段は一昨年の東京電力でのデータです(従来電灯B 40A、夫婦2名共働き、マンション84平米)。

2016年4月は移行月で記録が正確に残っていませんので除外し、11ヵ月間のデータとなっていますが、電気代使用量が前年比-1%とほとんど変わっていないのに対し、電気代は-15%(12,114円減)となっています

これに、早期申込割引の2,000円値引きとTポイント(上記期間の合計で322ポイント)が付与されています。

当初の検討では年間で4,000円ちょっと安くなるとの試算でしたので期待以上の効果でした。

もっとも、一昨年に比べて昨年は燃料調整費が安くなっているので、全てがENEOSでんきの実力ではないのは承知の上ですが、満足の結果です。

ENEOSでんきに新プランが登場

ENEOSでんきのデメリットとして、120kWhまでの単価が東京電力の従来電灯Bよりも高い点があり、電力使用量の少ない家庭ほどこの影響でENEOSが選択肢から外れていましたが、2017年5月22日募集開始の新プラン(Vプラン)ではこれを値下げし解決しています。

参照ENEOSでんき 誰でもおトクに!家庭向け電気料金「Vプラン」5月22日(月)よりスタート!

これで、どの電力使用量範囲でも東京電力の従来電灯Bより単価が安いか同じになりました。

一方今回のプラン変更で、120kWhをこえ300kWhまでの電気料金単価は、従来のAプランの23.26円から24.09円に値上げしていますので要注意。

今後はVプランのみの受付となるようですが、既に契約済みの方は従来のAプランの継続もVプランへの変更も選択できますので、一度試算してみる事をお勧めします。

我が家は昨年の実績からの試算でVプランの方が年間300~400円安くなると見込みましたので、早速WEB上からプラン変更を申し込みました。

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

コメント

  1. Werder Bremen より:

    今回のブログネタ、電力自由化、ENEOSでんきに換えて固定費削減の話と2011/6/19のプラズマテレビ、設定変更で節電の話。ブログネタとして使っても良いですか?著作権でうるさく言うようなブログ主さんではないと思いますが、一応、許可を得てからと思います。

    • june007 より:

      Werder Bremenさん
      こんにちは。(懐かしいお名前を久しぶりに拝見した気がしますがお元気でしょうか)
      ブログ記事につきましては、公開情報ですのでご自由にお使い下さい。

  2. Werder Bremen より:

    許可頂き有難うございました。こちらは、2006年、早めにアウシュビッツ収容所を脱獄してから、壮絶な、否、楽しく&幸せに暮らしております(汗、例えば↓)。
    http://sapporo011.exblog.jp/20850560/
    もう会社の命令で動かない、カネのために動くこともない。主義主張、理想、理念だけ。こういうハードボイルドなところもあるかと思えば、アウシュビッツ脱獄囚ですから(例えば、↓)。
    http://sapporo011.exblog.jp/24496786/
    会社員時代ではあり得ない、3週間超も欧州(主にドイツ)のサッカースタジアムを徘徊。9試合も見てくるなど不届き至極な一面も・・・。天下無敵の風来坊な人生を送っております(滝汗)。

    ではでは