【羽田から最短50分】八丈島旅行でリフレッシュしてきました(後編)

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今回の八丈島旅行について前編からの続きです。

夏休み(お盆)の旅行は値段は高いし混むしとなるのですが、ちょっと変わった穴場スポットとして今年は『八丈島』に行ってきました。 飛行機を...

今回レンタカーもレンタルバイクも借りれずに、海を楽しんだ後は徒歩で宿の周囲(三根(みつね)地区)を散策した私達ですが、すぐ近くにレンタルサイクルを借りられる民宿 そこど荘を見つけました。

二日目はレンタルサイクルで島の西~南側へレッツゴー。

スポンサーリンク

大坂トンネルを抜けて乙千代ヶ浜海水浴場へ

街を抜けると海岸と綺麗に整備された高架道路が出てきます。

めちゃくちゃ眺望が良く、海の向こうには八丈小島もはっきり見えたのですが、自転車には相当キツイ坂道続きです。

普段自転車で走り込んでいる人はともかく、普通の人は自転車でこのトンネルを越えて行くのは正直お勧めしません。私も妻も若干後悔しましたが…

それでもたどり着いた乙千代ヶ浜海水浴場は景色が凄い場所です。更衣室・シャワーとトイレがありますが監視員は居ません(すぐに外洋なので若干怖いかな)。飲み物の自販機も無いようなところですが、水は底土海水浴場よりクリアで綺麗ですし、なにより景色が抜群です。

     
底土港から乙千代ヶ浜海水浴場まではおよそ10キロの道なりと距離的には大した事はありません。

ただアップダウンが激しく、特にメインの周回道路から浜への急坂は登るのは当然下りも相当きついので(手で押して登ったが足がつって大変でした)、これ以上先の島の南端を目指すのは諦めました。

帰路は途中、樫立向里温泉 ふれあいの湯で休んでから戻りました。
本来定休日のところ臨時営業していましたので、ほとんど貸切状態でゆったり出来ました。

湯温は40度、しょっぱいお湯で何だか非常に濃い。疲れに効く感じです。

※音が出ます。再生時ご注意下さい。

帰りは八丈島空港から飛行機で羽田へ

さて、最終日はチェックアウト後、宿(リゾート・シーピロス)に荷物を預けて再び底土海水浴場で遊び、夕方宿の方の送迎で八丈島空港へ。お土産を買ってからANA便で羽田へ戻りました。

羽田へのフライト時間は50分程度とめちゃくちゃ近いです。特割の適用もあり、片道14,790円でしたので、この時期のリゾート旅行としては安上がりなのではないでしょうか。

天候によっては飛行機が飛ばない事もあるという事で、ちょっとリスキーですがやっぱり飛行機は楽だな。

今回の旅の反省点は、レンタカーが2ヵ月前でも満車で借りられなかった時点で、レンタルバイク(スクーター)を検討しなかった事。せめて原付きがあるともう少しいろんな所を回れたかな。

今回八丈島の2つの山は登っていませんし、島の南側の秘湯にも行ってないんだよね。海もちゃんとインストラクターの下で潜ってみたい。

ウミガメとは一緒に泳げたけど、時期によってはイルカも会えるみたいだし。

伊豆七島の他の島も含めて、是非また遊びに行きたいと思います。

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする