自動車保険をSBI損保からセゾン自動車火災保険に乗り換えました

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

12月に自動車保険の更新があるので、今年も一括見積もり請求による比較を行いました。

保険料の安さはもちろん、付帯ロードサービスが充実していることから、ここ9年間はSBI損保で自走車保険契約を更新し続けていたのですが、2017年10月1日以降のロードサービス改悪により価格以外にSBI損保を選ぶ理由が無くなってしまいました。

私が長年契約しているSBI損保より、SBI損保安心ロードサービス改定のお知らせが届きました。 参照SBI損保の自動車保険ロードサービス...

一方でセゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険が保険料、ロードサービスとも条件が良かった為、次の契約はセゾン自動車火災保険に乗り換えました。

サービス内容を比較した際のポイントと選定理由について以下にまとめます。

スポンサーリンク

今回更新の保険内容

昨年の更新時から保険利用は0回。ゴールド免許は継続しています。
車両保険額が下がった以外は基本的に保険内容は変わっていません。

保険内容のポイントは、弁護士費用等補償特約とロードサービスを特約でセットしている点。

自動車保険の支払われる額は弁護士を介して交渉するかどうかでかなり差が出ると中の人から話を聞いてからは、弁護士費用等補償特約は必ず付けるようにしています。

車両保険は付けるか悩ましい所ですが、まだこの車を買ってから2年目という事でエコノミータイプに免責を付けてお守り代わりに。

  • 車両:トヨタ オーリス120T
  • 対人・対物 無制限(他車運転特約あり)
  • 人身傷害(社内外) 5000万円
  • 車両保険 車対車+限定A 165万円(免責10-10万円)
  • 弁護士費用等補償特約
  • 本人・配偶者限定
  • ゴールド免許割引
  • ノンフリート20等級
  • ロードアシスタンス特約

保険料年額 SBI損保 20,680円、セゾン自動車火災保険 20,910円、チューリッヒ 25,490円

20等級まで来ているので値段はSBI損保の一人勝ちかと思っていましたが、40代50代をターゲットとしているセゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険がほぼ同水準の見積もりを出してきました。

ロードサービス内容の比較

SBI損保の自動車保険ロードサービス(無料付帯)は、2017年10月1日の改定で「車の故障によるトラブルの現場が自宅の場合は無料サービスの対象外」と変更になりました。

私の様な週末ドライバーがロードサービスを呼ぶ場面として1番多いのは、自分の経験では「自宅駐車場でのバッテリー上がり」です。

自宅が無料対象外というのは使えない印象が非常に強いです。。。

一方、セゾン自動車火災保険のロードサービスは有償付帯のオプション(1,160円)になりますが、JAF年会費4,000円よりも安いですし、下記の通り必要なサービスは押さえています。

  • 24時間・365日対応
  • 拠点数 全国約13,000ヶ所
  • 応急処置・レッカー運搬費用 (1回の事故、故障、トラブルに15万円限度)
  • ガス欠時の給油 10Lまで無料(保険期間中1回)
  • 宿泊費用・移動費用 1名につき1万円限度
  • 移動費用 1名につき2万円限度

※応急処置はバッテリー上がり時のジャンピング、スペアタイア交換、鍵の解錠、脱輪引き上げ(落差1m超、タイヤ2つ以上、クレーン作業にも対応)等

事故対応の評判は?

これまで20年以上車に乗ってきて、自動車保険を使用したことは1回だけ、それも自損事故でバンパーの修理のみなので、各社の事故対応の良し悪しについては判りません。

担当者次第なところもあるでしょうし、ネットの評判は判断材料にはしていません。

代理店型ではなくネットで安い保険に入る以上は、ある程度自分から動かなければいけない事も想定しておけば良いかなと思います。

という訳で、今期の自動車保険更新の検討結果として、SBI損保からセゾン自動車火災保険への乗り換えを決定しました。

来年以降も毎年見直しを行います。

我が家はENEOSでんきに変えて年間で1万円以上安くなりました。
比べてみよう!ENEOSでんき料金シミュレーション

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする