初代iPad mini はiOS9でも動作を軽く設定できる。まだまだ現役続行

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私はアイキャッチ写真の初代ipad mini(wifiモデル、16G)とロジクールのウルトラスリム キーボード(TM715)を愛用していますが、さすがに最近はメモリー不足(0.5GBしかない)でアプリが落ちることも多くなったように感じます。

とは言え、わざわざ数万円を出してタブレットを買い換える程ではなく、電子書籍リーダーや資料のチェック、テキストのベタ打ち、動画視聴など7~8インチのタブレットが得意とするシチュエーションに特化すればまだまだ使い倒す事が可能です。

特に最近のお気に入りはアマゾン・プライムビデオで、こいつは初代iPad miniでもサクサク動くし、なにより動画を端末にダウンロードできるのでwifiモデルでも屋外で視聴できるのです。

iOS9へのアップデートと軽量化の工夫

2015年9月にリリースされたiOS9は、かろうじて初代ipad miniも対象となっています(追記:iOS10ではアップデート対象から外れました)。
iOS9へのアップデートは不安半分でしたが、特にiOS9.0.2以降は安定化したように思います。

私の限定した用途の中ですが、特に不具合は無く安定動作しています。ただし、外部キーボードの入力言語切替が変更され「ctrl+space」に変わったのには焦りました。

とにかく動作を少しでも軽く、安定にするためには余計な設定を全てOFFにし、余計なアプリは削除します。

透明度を下げる・視差効果を減らす

視覚効果を切る事でかなり動作が軽くなります。
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」より、「コントラストをあげる」の「透明度を下げる」をONに。また、「視差効果を減らす」もONにします。画面の見栄えは若干悪くはなりますが、実用的にはそんなに気になるものでも無いのでは?

ipadmini_OS9

これで当分は初代iPad miniも現役で使えそうです(最近のゲームなんかは無理ですが)。

応援ありがとうございます
>>家計管理・貯蓄ブログランキング
スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする