エネオスでのお得な支払い方法(クレジットカードvs電子マネー)

スポンサーリンク

エネオスの電子マネーへの対応が広がっています。

自宅近所のエネオスが「iD」に対応したことで、Tポイント+クレジットカードポイント+ANAカードマイルプラスポイント3重取りが可能となりました!

Tカードと併用不可だった楽天カードユーザーも、楽天カードに紐づけたEDYで払うことでTポイントと2重取りが可能に。

という事で、クレジットカードvs電子マネーは、今は電子マネー払いの圧勝です。エネオスは提携サービスが多いので、他にもお得な支払い方法が多数あります。

スポンサーリンク

Tポイントを貯める

エネオスではTカードの提示により、200円(値引後・税抜)につき、1ポイントが付与されます。

現金払い(QUOカードも使えます)はもちろん、クレジットカード払いにも付与されるのでTカードの提示は基本

ただし、後述の特別提携カードはTポイント付与対象外です(でも特別提携カードを使ったほうがお得)。

参照Tカードと併用できないクレジットカード

クレジットカード(特別提携カード)

通勤で車を使用するなどガソリン使用量が多い方は、エネオスカードという選択肢がありますが、一般には普段ポイントを貯めているクレジットカードで支払うのが良いでしょう。

エネオスは特別提携カードが多くあり、それぞれポイントがプラス付与されます。
特に下記のカードを使うと1.5~2%以上の還元率となりお得です。

  • ANAカード・・・クレジットカードポイントとは別に100円で1マイル
  • JALカード・・・100円で2マイル
  • 楽天カード・・・ポイント2倍(100円で2ポイント)
  • dカード・・・ポイント2倍(100円で2ポイント)

我が家は楽天カードのキャンペーン時以外は、メインカードにしているANA VISA ワイドゴールドカードを使用しています。

我が家の厳選クレジットカード6枚(2018年版)
クレジットカードの還元率や特典などお得な使い方を考えるのは、ゲームの裏ワザ攻略の様な面白みあります。 我が家は家計管理がしやすい様に、可能な限り現金は使わ...

クレジットカード(エネオスカード)

エネオスカードは3種類あります。

スタンダードな「エネオスカードS」でガソリン・軽油が常に2円/L引き(灯油は1円/L引き)となります。140円/Lと仮定して1.42%の還元率なので、実は楽天カードで支払った方がお得です

ポイントにこだわった「エネオスカードP」はエネオスでの利用1,000円につき30ポイント(3%還元)。ですが、2年目以降年会費1,250円がかかるため、月に3,500円分は給油しないと元が取れませんし、あとは給油量次第。

「エネオスカードC」はカード利用額に応じて値引きされるのですが、月に7万円以上のカード利用で最大の7円/L引きとなります。

月にどれくらい給油するか次第ですね。

あと、ENEOSでんきの料金をエネオスカードで支払うことで、さらに1円/L引きになる特典もあります(最大150Lまで)。

ENEOSでんきに変えて1年の電気代実績は1万円以上安くなりました
昨年4月の電力自由化から1年が経過しました。 我が家では検討の結果、東京電力からENEOSでんきに変更を行っています。 さて、1年間の実績に...

電子マネー(QUICPay、iD、Suica、nanaco、EDY)

エネオスでは最近電子マネーへの対応が進んでいます。

まだ対応状況は店舗に拠るようですが、私が利用しているガソリンスタンドではQUICPay、iD、Suica、nanaco、EDYが使える様になっていました。

「エッソ」「モービル」「ゼネラル」との統合で2019年7月までに全て「ENEOS」に変わる事も関係していると思われます(エッソ・モービル・ゼネラルは以前からnanacoが使えた)。

電子マネーでの決済は現金扱いでTカードが併用できます。

つまり、これまでTポイントが付与されなかった特別提携カードに紐付いたQUICPayやiDで支払うことでポイントの両取りが可能になっています!!

時代はやっぱり電子マネーですね(Apple Watchがあると支払いがとても便利ですよ)。

イベントや娯楽施設で電子マネーの普及が凄い!現金もクレジットカードも持たなくて良いのは楽ちん。
最近、めちゃくちゃ便利!と思うのが、電子マネー決済が色んな施設やイベントで急速に広がっています。 昨日参加したロッキンジャパンの野外フェスでも、今年から(...
Apple Watchは要らないと思っていたが、2週間使って分かったメリット・デメリット
これまでApple Watchの何が便利なのかいまいち想像が出来ず、Apple Watchなんて要らないと思っていました。 大体、iPhoneがあれば十分...

>>家計管理・貯蓄ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

クレジットカード・電子マネー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

家計&資産管理マニュアル

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください