楽天モバイルへ乗り換えて2週間。通信速度ほか全く問題なしで快適。

スポンサーリンク

ここ1年間は格安SIMのmineo(マイネオ)を利用しており、全く不満は無かったのですが、1年間900円/月割引となるキャンペーンの適用期間が終わり、解約の違約金がかかる1年縛りも終了したことで、楽天モバイルへMNP移行しました。

正直なところ、楽天モバイルにはあまり期待していなかったのですが、mineoよりもむしろ回線速度が出ており、非常に快適に使用しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天市場を利用する人にとって、楽天モバイルに加入するメリットは非常に大きいです。

・楽天SPU!ポイント2倍(+2%)
・楽天スーパーポイント(期間限定ポイントも!)を楽天モバイルの支払いに充当可能

楽天のサービスを活用することで、毎月の付与ポイントが倍々ゲーム的に増えていくのですが、正直期間限定ポイントは使い切れない程となります。
楽天モバイルの支払いには期間限定の楽天スーパーポイントも使えるので、ポイントで全て賄えてしまいます(実質携帯代ゼロ円?!)。

一方、楽天よりもAmazon派の人など楽天市場をあまり使わない人にとっては、他に楽天モバイルよりも安い料金体系の格安SIMがあります。

楽天モバイルの通信速度は?

私は楽天モバイルのドコモ回線を契約していますが、通信速度については満足しています。

特に高速通信をOFFにした低速通信の状態でも十分な速度が出ていて、youtubeですらストレスなく見れてしまう状態でびっくり。

公式サイトでは高速通信容量を使い切った後でも、1Mbpsで比較的快適に使えると宣伝していますが、なるほどこれなら通信制限がかかっても大丈夫かもしれません。

実際の通信速度はエリアや時間帯によると思いますが、参考までに休日の夕方の関東近郊での通信速度計測結果は以下のような感じです。

決して早くはないですが、実効速度は常に出ている様に感じます。

<高速通信モードON

<高速通信モードOFF

楽天モバイルのおすすめ料金プラン

楽天モバイルでは「スーパーホーダイプラン」と「組み合わせプラン」がありますが、本日現在で割引が充実していてお得なのがスーパーホーダイプランです。

  • 楽天会員割:2年間500円引き
  • さらにダイアモンド会員は1年目500円引き
  • 長期割:2年契約で2年間500円引き、3年契約で2年間1000円引き

最も安い「プランS(高速通信容量2GB)」で、月額基本料金が2,980円(税別)ですが、上記の割引が適用となり、ダイアモンド会員は月額980円から使えます。

私はこれまでだいたい月に3GB前後の容量を使っていますが、プランSの次に安いプラン「プランM(高速通信容量6GB)」だと一気に容量が増えてしまいます。前述のように、高速通信容量を使い切ってもある程度の速度が出るので、一応プランSで大丈夫かな?

楽天モバイルでは余った高速通信容量は翌月に繰越が可能なのと、契約初月はスーパーホーダイ プランM・L・LLのいずれもプランSと同じ月額基本料になるので、とりあえず最初の月はプランLLで契約してすぐにプラン変更するのがオススメ(翌月のプラン変更は25日23時29分までに行う必要あり)。

楽天モバイルのお得なキャンペーン

さてさて、楽天モバイルは楽天グループのスタートボーナスキャンペーンの対象なので、初めてサービスを使うと1,000ポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。

また、お友達紹介キャンペーンということで、申込時に私のユーザーID(下記)を入力頂くことで1,500ポイント(スーパーホーダイプランの場合)がもらえますので宜しければお使い下さい(お互いに相手のプライバシー情報はわからない様になっています)。

ユーザーID:ra18110117527

スポンサーリンク
スポンサーリンク

>>家計管理・貯蓄ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

スマホ・iPhone・iPad
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

家計&資産管理マニュアル

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください