楽天カード超かんたん保険で個人賠償責任保険に加入

個人賠償責任保険は日常生活において、第三者の身体や財物に損害を与え、賠償責任を負った際の損害をカバーする損害保険ですが、生命保険や医療保険よりも重要な保険だと思います。

実際に私が子供の頃にやった事件として、マンションのエントランスで拾ったパチンコ玉を弟に向かって投げたら、マンションの入り口の大きなガラスドアが粉々に砕けた事がありました。。。

また、自宅の水槽をひっくり返してしまい、下階のお宅まで水が漏れてしまった事も。。。

親に聞くと、当時これら諸々は個人賠償責任保険で対応したようです。

さて、私自身は子供が居ないこともあり、これまで個人賠償責任保険は、自宅マンションの管理組合で包括契約しているもので十分かなと思っていましたが、自転車事故での賠償など、マンション外でのトラブルでは管理組合が加入している保険は使いづらいだろうなという思いもあり(もちろんマンション外も補償対象になりますが)、今回、楽天カード超かんたん保険で個人賠償責任保険に加入しました。

現在「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払うと SPUポイント+1倍 となり、さらに楽天スーパーポイントで支払いが出来ることも後押ししています。

スポンサーリンク

楽天カードの超かんたん保険とは?

楽天カード超かんたん保険とは、楽天カード会員向けのサービスで、月額200円から下記の9つの保険プランが用意されています。

  • お買い物プラン 月250円~ 楽天カードで購入した商品の破損などを補償
  • 自転車プラン 月230円~ 自転車事故によるケガや他人への賠償責任を補償
  • 個人賠償プラン 月260円~ 日常生活で発生する賠償責任を補償
  • ゴルファープラン 月430円~ ゴルフ中のケガや他人への賠償責任を補償
  • 持ち物プラン 月200円~ 持ち物の破損に対応
  • ケガプラン 月340円~ 偶然な事故によるケガの治療をサポート
  • ケガ賠償プラン 月620円~ スポーツや日常でのケガや他人への賠償責任を補償
  • 旅行プラン 月390円~ ケガ、携行品損害の補償に加え、病気やケガで旅行をキャンセルした際の費用を補償
  • 充実補償プラン 月1,790円~ ケガ、賠償責任の補償を厚くしたプラン

楽天カード超かんたん保険の個人賠償プラン詳細

上記のプランはそれぞれ一部内容が重なるところがありますが、自身のケガについては別途対応すれば良いと考えて、シンプルに他人への賠償責任への補償に特化した個人賠償プランがおすすめです。

楽天カード超かんたん保険の「個人賠償責任保険」は、年払いで2,870円、月払いで260円(後述するSPUポイント+1倍がお目当ての場合には月払いにする必要があります)

個人賠償プランの補償内容について詳細は以下のように書かれていますが、本人以外に家族も補償の対象となりますし、示談交渉もお願いできる点が良いですね。

自動車事故は対象外ですが、自転車の事故は対象となります。

個人賠償責任保険金額:1億円

被保険者本人の居住の用に供される住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故や、日常生活に起因する偶然な事故で他人の生命または身体を害したり、他人のものを壊したりして、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。被保険者の方のお申し出により、引受保険会社による示談交渉をご利用いただけます。(示談交渉は日本国内のみ対象)

  • (注)被保険者の範囲は、本人、配偶者、同居の親族および別居の未婚の子となります。

死亡・後遺障害保険金額:423万円

保険期間中の交通事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合又は後遺障害が生じた場合を補償します。

楽天カード超かんたん保険のメリット

個人賠償責任保険の取り扱い窓口は非常に多くて、自動車保険や火災保険に特約で付けるケースやクレジットカードの付帯保険として加入する場合などがあります。

楽天カードの超かんたん保険を利用するメリットは以下の3点。

  • 楽天カード支払いでSPUポイント+1倍
  • 楽天スーパーポイントで支払いが可能
  • 加入手続きが簡単。最短翌日から補償されます。

楽天市場で買い物をする人にとっては、SPUポイント+1倍のメリットは非常に大きいです。付与されるのは期間限定ポイントですが、+1倍(1%上乗せ)なので、仮に月に20,000円の日用品などを楽天市場で買い物する人は毎月200円分お得に。

また、楽天カードの支払いには楽天スーパーポイント(注:通常ポイントのみ)を充当できるので、実質タダ同然となります。

SPUポイント+1倍とするための注意点!

ただし、SPUポイント+1倍の特典を受けるには条件があるので要注意!

以下の場合はSPUポイント+1倍の対象外となります。

  • 2019年6月より前に楽天の保険に加入して年払いを選択して 楽天カードで1年分の保険料を支払った場合は対象外
  • ウェブ以外(代理店(募集人)からの提案)で楽天損害保険で販売している「ホームアシスト」に契約して保険料を楽天カードで支払った場合は対象外
  • 「楽天の保険」の保険料を家族カードで支払った場合は対象外
  • 楽天市場で取り扱いの「楽天超かんたん保険」は対象外

他社の個人賠償責任保険との比較

個人賠償責任保険の保険料だけを見ると、楽天カード超かんたん保険の個人賠償プランの月額260円よりも、実は他にもっと安いところがあります(保証内容は横並びではありません)。

楽天銀行の少額安心保険も、楽天スーパーポイントでの支払いが可能です(SPU+1倍の特典は付かないですが、楽天市場であまり買わない人はこちらがお得)。

各社とも示談交渉サービスが付いていますが、その実力については情報がありません。

結局、私は楽天市場でコンスタントに購入しており、楽天カード超かんたん保険を選びました。月払いなので楽天市場を使わなくなった場合も解約も簡単です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
1日1回、応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

おすすめ記事

保険・年金
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
じゅん@

40代、既婚、会社員。インデックス投資をテーマにブログを書いている投信ブロガーですが、当ブログでは投資に拘らず、人生を楽しみながら資産形成するライフスタイルをテーマにしています。「貯める」「使う」「投資する」のバランスが大事。質問やコメントなど大歓迎ですので、お気軽にお寄せ下さい。

Twitter・RSSを購読する
家計&資産管理マニュアル

お気軽に質問や感想などを下のコメント欄よりお寄せください