格安SIM OCNモバイルONEのデータ通信使用状況(GL01P)

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

通信費削減の為に、WiFiルーターのデータ通信SIM契約をY!モバイルからOCNモバイルONEに変更してから2週間が経過しました。そこで気づいた事を。

まず、私が使用しているWiFiルーターGL01PはドコモのLTE網の中でも1.7GHz帯しか使えないとの事で、LTE通信が出来るのは限られたエリアになる事はネットの情報で把握していました(下記ドコモサイトの「受信時最大150Mbpsのサービスエリア」が1.7GHz帯)。

実際に使用してみると首都圏ではあっさりと問題なくLTE接続が可能でした。
LTEサービスエリア外となった場合でも、メールチェックなどビジネス目的では3G接続で十分利用可能です。

ただし、LTEと3Gの境界域では切り替えが上手く行かない事があり、いつまでたっても接続されない事もありました。
安定させるには自動切り替えモードではなく、LTEか3Gのどちらかに設定を固定しておくのが良いようです(私はLTEに固定)。

<設定方法>
GL01Pに接続後、ブラウザで「192.168.1.1」と入力して設定ツールにログイン。
設定→WAN設定→周波数選択設定からLTEのみまたはWCDMAのみに設定。

あるいは、iPhoneユーザーでは下記のGL06PStatusというアプリがGL01PのLTEと3Gの切り替えに使えます。

格安SIM(OCNモバイルONE)でのデータ通信は、今のところ私の使用環境下では特に不自由なく使用できています(動画やダウンロードなんかは自宅の回線を使用するので問題なし)。

という訳で、メイン使用の通話SIMもOCNモバイルONEへMNPで移管を現在手続き中。

MNPの新規回線契約ならヨドバシカメラの即日カウンターですぐに手続きできたのですが、今回はこのデータ通信回線の契約へのSIM追加で容量シェアしたいと言うことで即日カウンターでは受けてもらえませんでした。電話で申し込みを行いましたが、少し時間がかかるようです。

月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)