SIMフリースマホ Priori3 LTEの初見レビュー

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私も妻もメインスマホ(iPhone6)を格安SIMに変更した為に、これまでの様に故障してもすぐに代替機を調達できる訳ではありません。

そこで何かあった時のバックアップ機として、また普段はデザリング用のWifiルーターの代わり(メインスマホの電池を減らしたくない)として持ち歩く用として、12,800円(税抜)の格安SIMフリースマホ Priori3 LTEを購入しました。

スポンサーリンク

Priori3 LTEスペック

Priori3 LTE
CPU MT6735Mクワッドコア1.0GHz
RAM 1GB
ROM 8GB
ディスプレイ 4.5インチ
解像度 854×480
カメラ メイン800万画素/サブ200万画素
電池容量 2100mAh
サイズ 132 × 65 × 8.9mm
重さ 120グラム
連続待受 216時間
SIMタイプ 標準/マイクロ
OS Android5.1
価格(税抜) 1万2800円

Priori3 LTEの使用感

大きさは4.5インチで、片手で操作するにはちょうど良いサイズです。
アイキャッチ写真の通りiPhone 6とほぼ同じ大きさですが、厚みは若干Priori3の方が厚め。
重さはやや軽いです。

iphone6の解像度は1,334 x 750なので、当然文字の細かさなど画面の見栄えはPriori3がかなり劣ります。
ただし、普通に使う分には特に問題は無いんじゃないでしょうか。
解像度を抑えた事で電池の消費も減っているのだと思います。

動作も思いのほかサクサク動くし、Amazon Primeビデオも特に問題ないですね。
内蔵スピーカーは全然ダメで音楽には向かないです(イヤホン推奨)。

結局、電話とメールとツイッターやブログ閲覧などの用途に限れば、この価格のものでも十分実用に足る事がわかりました。
SIMフリー機なので、格安SIMが使えるしね。

子供に持たせたり、親に持たせても良いかもしれない。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)