安い・早い・軽い!JINSでメガネ(Air Frame)を購入した。

スポンサーリンク

私のメガネとの付き合いは小学2年の時からなのですが、中学3年からはコンタクトレンズを使うようになり、今はメガネを使うのは基本的に朝晩のみ。

今回、10年以上も使い続けていたメガネが、とうとうレンズが欠けてしまい「JINS」の店舗で新調してきました。

スポンサーリンク

JINS(ジンズ)のメガネ

昔のメガネは、フレームに何万円、レンズに何万円という印象でしたが、ここ10年ちょっとでしょうか、JINSはフレームの低価格化薄型レンズの追加料金無料と価格で業界に切り込みヒットしたメーカーです。

安いけど品質は大丈夫なのか?

という不安も当初はありましたが、実績で信頼を得た感じでしょうか。

ネットでの評判も良いですし、実際に今回店舗で検眼してもらって作ったメガネの調子は非常に良いです(私は乱視なので駄目なメガネだと目が疲れてしまいます)。

ちなみに、検眼までの待ち時間が40分ほどあったのですが、その間はちゃんと正確に検眼するためにコンタクトを外しておくよう指示があり(使い捨てのケースをくれます)、度数の調整も丁寧で、安心できる印象でした。

JINS Airframe

JINSのフレームの価格は、以下の3パターンで薄型も含め通常タイプのレンズなら追加料金はありません。

  • 5,000円+消費税
  • 8,000円+消費税
  • 12,000円+消費税

今回私が購入したフレームは、Flat Airframe(MUF-175-189)という8,000円のベーシックなモデルです。

軽量タイプということで、掛け心地が軽いのが特徴ですが、やはり使っていても楽ちん。

ネットショップでも購入可能(楽天市場店もあり)

さて、ここからが重要なお得情報です!

JINSでは度付きのメガネをオンラインショップでも購入できます(今回購入した後に知りました)。

そして、JINSは楽天市場店があるので、公式オンラインショップや実店舗で購入するよりもポイント分がお得ですし、楽天スーパーセールと合わせるとポイント10倍は当たり前。かなりお安く購入できます。

一度店舗で検眼してもらうと自分の目の度数情報がわかりますし、眼科で処方箋を出してもらっても良いです。その値を入力して購入できます。

あるいは「レンズ交換券付き」という形で購入して、後からJINSの店舗でレンズを交換してもらう手もありますよ。

私もカジュアルタイプの物をもう1本作ろうかな。

もし、見え方に不具合があった場合、JINSのメガネの保証内容は、フレーム、レンズをあわせて2回(受け取りより6ヶ月間)まで交換可能なのも安心です。

おまけ:JINS PCのラバーは無料交換してくれる

ところでJINSといえば、ブルーライトカットのPCメガネ「JINS PC(今はJINS SCREEN)」がヒットしました。私も愛用しています。

が、長く使用しているうちに耳にかける部分のラバーパーツがベトベトに劣化していたのが気になっていたんですよね。

今回、アフターサービスとして無料交換してくれる事を知り、その場で交換してもらいました!ありがたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

>>家計管理・貯蓄ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

お得な買い物・節約
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

家計&資産管理マニュアル

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください