ノートPCは外付けモニターと外付けキーボードで快適化しよう

上記のアイキャッチ画像は、うちの妻のPC周りの様子です。

ノートPC本体はASUS EeeBook X205TAという実売価格が3万円前後の廉価モデルなのですが、ネットやちょっとしたOffice作業ならこれでも十分な性能です。

サイズも11.6インチとお手頃で重さも1kgを切っていますので、リビングに持っていったり寝室で使ったりと携帯性が良く重宝しています。

img_3808_mini

逆に不満点は、モニターが小さくて目が疲れる点
また、キーボードも小さく、視線も下向きになるので、何か作業をすると肩凝りの原因にもなります。

そこで、自宅では外付けモニターとキーボードを繋いで使っていますのでご紹介。

スポンサーリンク

外付けモニターへの接続方法

廉価版のミニノートPCも、自宅で余っているPCモニターか、無ければ1万円ちょっとの追加投資で、外部モニターを購入してやるだけで、PCライフが非常に快適になります。

うちで妻が使用している液晶モニター(Acer KA220HQbid 21.5インチ)はアマゾンで1万円ちょっとの特価だったもので、一応、1920×1080のフルHD解像度に対応している事を選定の基準にしました。発色は価格相応でですが、実用には問題なし。

img_3809_mini

注意が必要なのが、最近のミニノートPCは外部出力端子が特殊な事が多いです。

ASUS X205TAの場合、外部出力は「micro HDMI」端子を本体のサイドに持っていますので、Micro HDMI-DVI 変換 ケーブル(1,000円程度)でモニターに接続すれば後はあとは自動認識します。

ノートPCの画面は閉じて使用することもできますし、2画面のデュアル画面でも使用できます。

机上台でデスクを広く使う

img_3922_mini
もう一つ快適化の工夫として、PCデスク周りは決して広くないので、上記写真のような机上台が重宝しています。

スマ-トフォンの充電等で外付けUSBポートは必須ですし(特にACアダプタから給電できるもの)、ネットで音楽をダウンロード購入する事が多くなったとは言え、CD/DVDもよく使用しており、ドライブが必要です。

上記写真の様に机上台の下にノートPCを置き、台上には外付けUSBポートやDVDドライブを設置することで、有効スペースが2倍になります。

この机上台はスチール製なのがポイント。見た目もスッキリしている点と、耐荷重15kgと相当色々なものを乗せても大丈夫。

しかもうちで使用しているUSBポートは磁石が付いているので、台上で転がらずにしっかり設置されます。

コメント