3万円前後の廉価モバイルノートPC購入時の注意点

スポンサーリンク

アイキャッチ画像のノートPCは、ASUS EeeBook X205TAという、実売価格が30,000円前後の11インチ廉価モバイルノートPCです。

もともとは本機は妻が外付けモニターとキーボードを繋いでメインPCとして使用しようとしましたが、内部ストレージが少なすぎる問題があり(拡張できない)、これはムリ!となり、今は私のモバイル用サブマシンとなっています(妻は一つ前のノートPCに戻りました)。

ボーナスの季節で、PCを購入しようと考えている方も多いと思いますので、3万円前後のノートPC購入時の注意点を記載しておきます。

参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

ASUS EeeBook X205TA スペック

ASUS EeeBook X205TA スペックは以下の通りです。

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU: インテル® Atom™ プロセッサー Z3735FA1.33GHz
  • メモリ: 2 GB
  • ストレージ: 32GB eMMCモデル
  • 液晶サイズ:11.6 インチ
  • 重量:0.98 kg

モバイル用途のPCとして11.6インチは手頃なサイズでリュックにも楽に入ります。重量も1kgを切っており十分。ブログ更新用のサブマシンとしては申し分ない。

ただ、問題は内部ストレージが少なすぎる事

私の手元にあるモデルは上記の現行型ではなくストレージが64GBのモデルなのですが、Windows10+ウイルスソフト+Chromeなど基本構成をインストールしただけで20GBを越えています。

これにMS Officeをインストールすると一気に容量が厳しくなるし、itunes(主に音楽データのコレクション)も絶対無理、入らない。

結局、旅先でのブログ更新用と割切って、OfficeもEvernoteもオンライン版を使っています。

現行で販売されているEeeBook X205TAはストレージが32GB(最近の廉価版PCは32GBの設定が多いです)なので、更に厳しい状況と思います。
かなり使い方を限定されるかと。

単純なデータはSDカードやオンライン上に持っていけば良いのだけど、システムフォルダにSDカードは使えないし。。。

ストレージ32~64GBモデル購入は要注意

結局、使い方次第ではありますが、eMMCというフラッシュメモリ搭載機の場合、ハードディスクのように後からストレージの増設が出来ないので、購入時にある程度大きなものを選ぶ必要があります。

今からWindows10マシンを購入するのであれば最低限、メインメモリ 4GB、ストレージ128GBを目安にしたいかな。

モバイル用途として軽量(1kg以下)である事を条件として選ぶと、ASUSではTransBook Mini T102HAあたりが狙い目と思っています。64GBモデルは3万円からありますが、128GBモデルは実売5万円強に上がります。それでも2万円の価格差を出す価値はあるかと。

是非ご検討を。

ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホ・PC
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

家計&資産管理マニュアル

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください