初代iPad mini はiOS9でも動作を軽く設定できる。まだまだ現役続行

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私はアイキャッチ写真の初代ipad mini(wifiモデル、16G)とロジクールのウルトラスリム キーボード(TM715)を愛用していましたが、さすがに最近はメモリー不足でアプリが落ちることも多くなってしまいました。

とは言え、使い方を工夫すればまだまだ現役で使えます。

スポンサーリンク

初代iPad miniの使いみち

電子書籍リーダーとして使う

iPad miniが優れている点として、真っ先に上げたいのは電子書籍リーダーに使用した場合に手頃なサイズという事です。

これは7~8インチのタブレットが最も得意とするシチュエーション。iPhoneでは見づらいし、iPadでは重くて疲れるんですよね。

Kindleや楽天Kobo、青空文庫等は初代ipad miniでも問題なく動作しています(コミック系はアプリによる)。

アマゾンプライムビデオを視聴する

アマゾン・プライムビデオはプライム会員なら無料で試聴が可能ですが、こいつは初代iPad miniでもサクサク動くし、なにより動画を端末にダウンロードできるのでwifiモデルでも自由に屋外で視聴できるのがポイント。

新幹線や飛行機での移動中に、ダウンロードした映画を見ている事が多いです。

テキストのベタ打ち

Office系ソフトを使うのは少々厳しいのですが、メモとしてテキストのベタ打ちなら問題ありません。

セミナーでのメモや、ブログの下書きなど、初代ipad miniでもまだまだ使い倒す事が可能です。

iOS9へのアップデートと軽量化の工夫

2015年9月にリリースされたiOS9は、かろうじて初代ipad miniも対象となりましたが、iOS10以降はアップデート対象から外れました。

iOS9へアップデートした初代ipad miniは私の限定した用途の中ですが、特に不具合は無く動作しています。ただし、外部キーボードの入力言語切替iOS9よりが変更され「ctrl+space」に変わっている点は注意が必要です。

とにかく動作を少しでも軽く、安定にするためには余計な設定を全てOFFにし、余計なアプリは削除します。

透明度を下げる・視差効果を減らす

視覚効果を切るだけでもでかなり動作が軽くなります。
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」より、「コントラストをあげる」の「透明度を下げる」をONに。また、「視差効果を減らす」もONにします。画面の見栄えは若干悪くはなりますが、実用的にはそんなに気になるものでも無いのでは?

ipadmini_OS9

これで当分は初代iPad miniも現役で使えます(最近のゲームなんかは当然無理ですよ)。

噂ではこの7インチサイズのipadは、ipad mini4で最後とも言われ始めました。
最近はipad mini4も中古が豊富に出回っていますし、これから新しく購入するのであればipad mini4がベストでしょう(中古の古いものはバッテリーのヘタリも心配)。

私も最近屋外に持ち歩いているのは、ipad mini4のセルラーモデル(SIMフリー)になりました。

私が使用していたiPhone6はここのところバッテリーの劣化を感じていましたが、結局2年間のアップルケア+の保証期限内にはバッテリーは正常と...
最近TVでCMをやっているmineo(マイネオ)のキャンペーンが非常に魅力的だった事とサービス自体も良さそうな事から、妻がお試しにMNPで移...
PR:我が家はENEOSでんきに変えて年間で1万円以上安くなりました。
比べてみようENEOSでんきシミュレーション

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)