初代iPad mini はiOS9でも動作を軽く設定できる。

私は上記アイキャッチ写真の初代ipad mini(第1世代、wifiモデル、16G)とロジクールのウルトラスリム キーボード(TM715)を愛用していましたが、さすがに最近はOSのサポートも終わってしまい、インストールできないアプリが増えてしまいました。

スポンサーリンク

初代iPad mini(第1世代)のおすすめ利用方法

2015年9月にリリースされたiOS9までは、かろうじて初代ipad miniも対象となりましたが、2016年9月のiOS10以降は初代ipad miniはアップデートの対象から外れました。

最終的なサポートはiOS9.3.6までとなっています。

サポートされないままiOS9を使い続けるデメリットは、新しい機能が使えない事もありますが、セキュリティアップデートがされない事が最大の問題です。

それに、もうインストールが出来ないアプリも増えています。

用途を限って使うのが現実的でしょう。

電子書籍リーダーとして使う

iPhoneでもiPadでもなく、iPad miniが優れている点として、真っ先に上げたいのは電子書籍リーダーとして手頃なサイズという事です。

これは7~8インチのタブレットが最も得意とするシチュエーション。iPhoneでは文字が小さくなって見づらいし、iPadでは携帯性が悪く、重くて手が疲れるんですよね。

青空文庫リーダーはiOS7.0以降を対象としており、初代ipad mini(iOS9)でも動作します

残念ながらKindleアプリはiPadOS12.0以降、楽天KoboはiPadOS 13.0以降のサポートとなり、iOS9は対象から外れてしまいました。

i読書 - 青空文庫リーダー

i読書 – 青空文庫リーダー

yaslab無料posted withアプリーチ

漫画、雑誌系では、ビューンはiOS8.0以降となっていて、初代ipad mini(iOS9)も対象ですが、メモリー容量の関係で厳しいかも。

dマガジンはiOS 11.0以降、楽天マガジンはiOS 10.0以降とそれぞれサポート対象外となってしまいました。

ビューン

ビューン

Viewn Corp.無料posted withアプリーチ

アマゾンプライムビデオを視聴する

アマゾン・プライムビデオは プライム会員なら無料 で試聴が可能な動画ですが、こいつはiOS9.3以上をサポートしているので、まだ初代iPad miniでもサクサク動くし、なにより動画を端末にダウンロードできるのでwifiモデルでも自由に屋外で視聴できるのがポイント。

だったのですが、iOS12.1以降サポートに変更されてしまいました(現在は初代iPadminiでは使用できません)。。。。

アマゾンプライム会員は年間3,900円(税込)または月間400円(税込)の費用がかかりますが、会員になることで多くのメリットがあります。

まずはアマゾンプライム30日間無料体験から。

AbemaもTVerも、YoutubeアプリもOSサポート外となっています。。。。

テキストメモのベタ打ち

最近のOffice系ソフトを初代ipad miniで使うのは無理ですが、メモ帳アプリにテキストのベタ打ちなら問題ありません。

ちょっとしたセミナーでのメモや、電車内でのブログの下書きなど、モバイルPCを持ち出す必要は無いが、iPhoneの画面では厳しい場面でも、初代ipad miniをまだまだ現役で使い倒す事が可能です。

何しろ300gちょっとしかない軽さはiPadminiの最大の武器です。

iOS9へのアップデートと軽量化の工夫

iOS9.36が初代ipad miniの最後の対応OSとなっています。

用途を限れば、OS自体は特に不具合は無く動作していますが、メモリー容量的にはもう限界一杯なのでしょう。

とにかく動作を少しでも軽く、安定にするためには下記のように、余計な設定を全てOFFにし、余計なアプリは削除することが重要です

また、外部キーボードの入力言語切替がiOS9になって変更され「ctrl+space」に変わっている点はそれ以前のiOS8と異なりますので、中古で入手した場合に注意が必要です。

透明度を下げる・視差効果を減らす

さてさて、視覚効果を切るだけでかなり動作が軽くなります。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」より、「コントラストをあげる」の「透明度を下げる」をONに。また、「視差効果を減らす」もONにします。画面の見栄えは若干悪くはなりますが、実用的にはそんなに気になるものでも無いです。

ipadmini_OS9

これで初代iPad miniもなんとか・・・・

買い替えの検討

メモ帳にストックしたレシピを台所で参照するくらいなら可能ですが、さすがに2016年にサポートが切れたOSで何とかしようというのは厳しいです。

7インチサイズのipadは、ipad mini4が最後と言う噂が一時ありましたが、ipad mini5(ipad mini 第5世代)が登場しました(2019年3月30日発売)。

その後、ipad mini6(ipad mini 第6世代)が2021年9月14日に登場、ipad mini6よりApple Pencil第2世代に対応しホームボタンレスとなっています。

2022年1月現在で最新のiPadOS 15は、ipad mini4以降の機種をサポートしていますが、ipad mini4は中古が豊富に出回っており、価格も非常に手頃です。スペックは必要無い、SNSや漫画、動画視聴など、普段用途で使用するにはipad mini4でも動作に全く問題ありません(うちでは妻が使用中)。

Apple pencilを使ってみたいのであれば、ipad mini5が第1世代Apple pencilに対応しています。充電方法が不格好ですが、メモを取るには第1世代でも、問題ないと思います(私が使用中)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
1日1回、応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

おすすめ記事

スマホ・PC
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
じゅん@

40代、既婚、会社員。メインはインデックス投資がテーマのブログを書いている投信ブロガーですが、当ブログでは人生を楽しみながら資産形成するライフスタイルをテーマに書いています。「貯める」「使う」「投資する」のバランスが大事。質問やコメント、同様なテーマのブログとの相互リンクなど大歓迎ですので、お気軽に連絡下さい。

Twitter・RSSを購読する
家計&資産管理マニュアル

お気軽に質問や感想などを下のコメント欄よりお寄せください