【レビュー】ロジクール ワイヤレストラックボールM570t

スポンサーリンク

トラックボールの存在は以前から知っていましたが、これまで使う機会がありませんでした。

一昨年前にデュアルモニターにしてから、カーソルの移動距離が増えた事で手首の違和感(疲れ)を感じており、手首クッションの付いたマウスパッドなど試してみましたが、根本的な解決にならず、今回アマゾンでもベストセラー1位となっている「LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t」を買ってみました。

約2ヶ月使用して、非常に使い勝手が良いので感想などレビューしてみます。

スポンサーリンク

トラックボールとは(メリット・デメリット)


トラックボールとは、マウスの親玉みたいな形をしていますが、マウスと異なり本体を動かす事なく、ボールをコロコロと動かす事でカーソルを移動します。

ロジクールのワイヤレストラックボールM570tは、親指でボールを動かすタイプ。

本体を動かさないので、狭いスペースでも作業しやすく、マウスパットも不要。

長距離の移動が得意で、手首が痛くなりません。

下がどんな場所でも使えるので、ベットに寝っ転がったり、膝の上だったりでも使用できるのもメリット。

逆にデメリットとしては、精度の高いポインティングは慣れないと難しい

文字を選択してコピーとか、最初は一発で上手く選べずに苦労しました。

数日で慣れますが(親指って優秀です)、FPSのゲームなどは慣れるまで時間がかかるかもしれません。

親指タイプの場合、クリックやホイールスクロールは通常のマウスと変わらない感じですね。

5ボタン仕様で、サブボタンには通常は進む・戻るが割り当てられていますが、割当の変更も可能です。

腕や手首に負担をかけない設計


とにかく、画面を移動するのに、マウスを浮かせる必要がないので非常に楽です。

デュアルモニターはブログを書く際も作業効率が良いのですが、マウスの移動距離がどうしても多くなります。

デュアルモニターアームで机上を整理。掃除が楽ちんに(グリーンハウスGH-AMCB1-H)
自分へのクリスマスプレゼントとして、サブPCモニターを買い換える機会があったので、同じiiyamaの23インチで揃えてモニターアームで固定する事にしました。 ...

トラックボールにして、手首の痛みは完全になくなりました

極めて快適です。なぜもっと早く使わなかったのか。

これは会社でも使いたいなぁ(勝手に持ち込む訳にいきませんが)。

まめに掃除が必要


トラックボールをスムーズに使うためには、ボールの滑りが命なので、まめにボールを外して拭いた方が良いです。

裏面の穴から押せばポロッと外れます。

また、3点の受け軸のところにはゴミが結構溜まるので、ここも掃除を。

マウスだとあまり気にしなくて良いんだけどね。

本製品は価格もお手頃ですし、PC作業の多い方(手首が疲れやすい方)におすすめ出来ます。

>>家計管理・貯蓄ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

PC・ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

家計&資産管理マニュアル

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください