リビングダイニング照明をビームランプタイプLED(ELPA)に変更

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

うちのリビング・ダイニングは調光器を使っている為、白熱電球から電球形蛍光灯やLED電球に移行できずにいました(ちなみに調光器未対応の蛍光灯やLED電球は100%点灯状態でも使えません)。

しかし最近は、白熱電球も非常に入手しづらくなっており、100Wレフ球は店舗で見かけるとストックするほどでしたのでどこかで変更が必要な状態。

今回、リビング・ダイニングの模様替えの機会があったので、調光機能なしのダクトレールを入れてビームランプタイプLED電球に変更しました。

DSC_2866

ELPA(朝日電気)のLDR15L-M-G051は、100Wレフ球の明るさには及ばないものの、全光束1000 lmとそこそこの明るさ。これなら十分に使えます。消費電力は15.0w。

値段はネットよりもホームセンターの方が安かったです。あとは実際の耐久性がどれくらいかですね。設計としては40,000時間とのことですが・・・またいずれ続報を書きたいと思います。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)