電気シェーバーを5枚刃から3枚刃に買い替え。お風呂剃りラムダッシュES-ST8P

ひげ剃りには男の拘りがあったりしますが、私は電気シェーバー派。

最近は2011年製の5枚刃ラムダッシュ(ES-LV50)を何度か刃を交換して使用していましたが、さすがにバッテリーの持ちが悪くなり数日の旅行などで支障が出てきましたので、新しい機種に買い替えました。

今回選定したものは、同じパナソニックのラムダッシュですが「お風呂剃りラムダッシュ」という3枚刃のシリーズです。


スポンサーリンク

5枚刃と3枚刃の違い

5枚刃ラムダッシュはパナソニックの電気シェーバーの中でも最も高級なクラスですが、タイプの異なる独立した5枚の外刃により、肌の接地面積が広くなる事で、肌に優しく深ゾリができます。

髭剃りにかかる時間も少なくて済む印象。

あと、ヘッドが前後左右に自在に動く事で、全然力を入れなくてもつるっつるになるので、初めて使った時は感動しました。

一方5枚刃のデメリットは、当然本体の価格が高いこと、またシェーバーの刃は消耗品なので、外刃は1年、内刃は2年程度で交換が必要ですが、5枚刃の替刃は3枚刃の倍近くの値段がします。あとはヘッドが大きくて重い分、鼻の下など細部の取り回しが悪いこと。

お風呂剃りラムダッシュの特徴

ラムダッシュシリーズはもともと水洗いはOKですが、お風呂剃りラムダッシュはIPX7防水設計なので風呂場でも使用できます

朝、シャワーを浴びてついでに髭も剃ってしまうと気持ちが良いのですが、完全防水のシェーバーって意外と無いです。

石鹸やフォームを付けたWet剃りがしやすい様に、肌に沿わせた際に適度に泡が残る設計「泡スルーヘッド」となっており、肌の弱い人でも刺激が少ない剃り方が出来ます(DryでもWetでも深ぞり具合はあまり変わらず?)。

Wet剃りをしない人は、通常の3枚刃シリーズでも良いかもしれませんが、意外に便利なのが、ウォータースルー洗浄という機能で、ヘッドの下の方がカパっと開いて、外刃を外さずに水洗いが出来ます。

あとは、やっぱり軽い事が特徴でしょうか。扱いが楽です。

私が購入したモデル(ES-ST8P)は風呂剃りラムダッシュの中で上位グレードですが、1万円程度で入手可能で、リニア高速駆動や30°鋭角ナノエッジ内刃など5枚刃モデルと同様の機能を備え、スムースローラー(単純な機構だけど剃り味に効いている)が付いている点が特徴です。

5枚刃と3枚刃はどちらがお勧めか

もちろん、財布に余裕があれば、5枚刃の方が剃り味は断然良く満足感も高くてお勧めです。

ただ、正直、私には5枚刃ラムダッシュはオーバースペックで、3枚刃でも十分でした。

価格差がかなりありますからね。

以上、参考になりましたでしょうか?毎日使うものなので良く検討されるのが良いと思います。

コメント