タバコの増税と禁煙

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今年10月から、タバコが1本あたり5円の増税(一箱300円→400円)となるようです。

私自身は完全に禁煙してから2年程ですが、この増税をきっかけに禁煙を考えている方も多いかもしれませんね。

仮に1箱400円として、毎日1箱吸う人の場合・・・

  • 1日・・・400 円
  • 1週間・・・2,800 円
  • 1ヶ月・・・12,000 円
  • 1年・・・146,000 円
  • 3年・・・438,000 円
  • 5年・・・730,000 円
  • 10年・・・1,460,000 円
  • 30年・・・4,380,000 円

が、直接のコスト(タバコ代)としてかかってきます。

この金額、どうですかね?(自分がタバコを吸っていた頃は、なんだかんだ、タバコの良い面もあるとか言ってタバコのコストを肯定していましたが・・・)

それ以上に、喫煙に関連した疾患による医療費がバカにならないです。肺がんの死亡率は喫煙者で4.45倍だそうですし、タバコが原因と言われるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は本当に恐ろしい深刻な疾患です(基本的に治らない病気ですし・・・)。

喫煙者の方にとっては、今回の増税は、禁煙の非常に良いチャンスだと思いますよ!
是非、チャレンジをお勧めします。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)