マイカー選定には自動車税の仕組みを意識しよう

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

現在の自動車税の税額は以下の通り。排気量によって定められています。

これに対して、ガソリン車は登録から13年以上で15%の重加算税が、ディーゼル車は11年目以降15%の重加算税となっています。

(単位:円)
車種  自家用 
乗用車
(総排気量)
1リットル以下 29,500
1リットル超~1.5リットル以下 34,500
1.5リットル超~2リットル以下 39,500
2リットル超~2.5リットル以下 45,000
2.5リットル超~3リットル以下 51,000
3リットル超~3.5リットル以下 58,000
3.5リットル超~4リットル以下 66,500
4リットル超~4.5リットル以下 76,500
4.5リットル超~6リットル以下 88,000
6リットル超 111,000

車の購入・買い換えの際には1.5Lと2Lの自動車税の壁を良く意識して選定する必要がありますし、ダウンサイズターボ車の様に、排気量の小さい車は税額面で有利だとなります。

そういう理由もあり、うちは1.8Lモデルではなく、ダウンサイズターボ1.2Lを選定しました。

3ナンバーのボディサイズですが、自動車税は排気量で決まる点がポイントです。

あと、長く乗る前提で車を選ぶのであれば、ディーゼル車は11年目以降重加算というのも要注意ですね。
クリーンディーゼル車はその分、初年度に税率の軽減を受けていますが。。。

自動車税の支払いについては、毎年記事にしていますが、手数料が加算されるクレジットカード払いではなく、クレジットのポイントを得られるnanacoカード払いで!

この週末に自動車税の納付を終えました。 自動車税を「パソコン」や「スマートフォン」からクレジットカード払い可能な自治体がかなり増えた様...
PR:我が家はENEOSでんきに変えて年間で1万円以上安くなりました。
比べてみようENEOSでんきシミュレーション

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)