SIMフリーiPhone6を買取りに出し、iPhone7に機種変更しました

スポンサーリンク

私が使用していたiPhone6はここのところバッテリーの劣化を感じていましたが、結局2年間のアップルケア+の保証期限内にはバッテリーは正常と判断され、無償のバッテリー交換は出来ませんでした。

スポンサーリンク

iPhone7 128GBの購入

iPhone6を購入してから2年3ヵ月経った現在、俗に言うアップルタイマーなのかバッテリーのヘタリが急速に進行し使用に耐えない(朝、満充電から会社に付いた時点でバッテリー残30%とか)という事で、中古スマホのフリマサイト「ムスビー」より新たにiPhone7を購入しました。

今回購入したiPhone7は、
新品未使用品のDoCoMo iPhone7 128GB シルバー
商品価格:74,000円(送料税込)+ムスビーの事務手数料:2,397円
合計76,397円

仮に24ヵ月使用すると考えるとひと月あたり3,183円となるので、大手キャリアで乗換え契約するよりは、ドコモ又はSIMフリー端末を入手して格安SIMで運用するのが総額で安いという判断です。



先月発売されたiPhone8は少し迷ったのですが、結局新しいと言う以外にiPhone8を買う理由も特に無いなと、中古価格のこなれたiPhone7を選択しました。

それにしても、iphone7に変わったことでApple Pay(Felica)が利用出来るようになった事はiPhone6と大きな差です。キャッシュレスでポイント10倍等美味しいキャンペーンが嬉しい。

iPhone6 64GB(SIMフリー)の売却

ちなみに、iPhoneなどApple製品はリセール価格がそれなりに期待できますので、実質の端末代金はもう少し安くなります。

今回、ムスビーの買取一括査定で最も高い値を付けた業者にiPhone6を売却しましたが、iPhone6 64GB(SIMフリー)はアイキャッチ写真の通り傷や汚れもほぼなく、付属品は全て未使用状態で保管していました。

2年3ヵ月使用していますが、現物査定の結果23,000円の値が付きました

事前のweb査定と現物の査定で減額なし。

ありがたい。

ところで、iPhoneもiPadも裸で(ケースを付けずに)使用するのが本当は軽くて好きなのですが、売却を前提とするなら、ケースと液晶保護ガラスは必須です。

私はPowerSupport社のエアージャケットを歴代愛用しています(薄く軽く外観を損なわない)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
1日1回、応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

おすすめ記事

スマホ・PC
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する
家計&資産管理マニュアル

お気軽に質問や感想などを下のコメント欄よりお寄せください