平成22年家計調査 -住宅ローン返済世帯は37%と過去最高に

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

平成22年の家計調査報告が統計局のHPにあがっていました(2月15日公表)。

まだざっとしか見ていませんが、気になったのが「なんだかんだ言ってもローンを組んで家を買う人は増えているのだな」と言う点(投資・節約系のブログで特にそういう傾向なのか、最近は持ち家には慎重派の人が多いと感じていたので)。

二人以上の世帯のうち勤労者世帯に占める住宅ローン返済世帯(土地家屋借金返済のある世帯)の割合は、前年に比べ上昇し、36.9%と昭和54年に集計を開始して以来最高となった。平成18年以降は5年連続の上昇となっている。

今は低金利だし、物件も値下がりしているし、ちゃんと検討された上での住宅ローンであれば問題無いと思うのですが、住宅ローンを背負った世帯が過去最高に増えているというのは、なんとなく将来の心配の種にも感じます。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)