就業不能時の所得補償保険

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

病気や怪我の治療が長期にわたり、働けなくなった時の所得減に備える保険があります。

ライフネット生命の『就業不能保険』など興味があり少し調べていましたが、支払条件は「いかなる業務にも全く従事出来ない状態」と言うことで、かなりハードルが高くなっています。

ちょうど本日の日経新聞13面に、この手の保険についてまとめられていました。

種類 所得補償保険 長期就業不能所得補償保険 就業不能保険
商品名 所得補償保険(富士火災) 所得補償保険(損保ジャパン) お給料保険(アメリカンホーム) リビングエール(日立キャピタル) 働く人への保険(ライフネット)
保険期間 1年 1年 1年 5年 65歳まで
支払限度期間 1年と2年 1年と2年 2年 最長65歳まで 最長65歳まで
支払条件 保険証券に書いてある職業に従事できない状態 入院した場合 いかなる業務にも全く従事出来ない状態
支払い対象外の期間 7日~1年 1日~1年半 7日 60日~1年 180日
保険金の上限 国民健康保険加入者の場合平均月間所得額の70%、健康保険加入者の場合同50%など 国民健康保険加入車の場合平均月間所得額の85%、健康保険加入者の場合同50%など 月15万円 平均月間所得額の60% 年収に応じて上限
満期返戻金 あり(年間保険料の20%) なし
専業主婦の加入 できる できる できる できない できない
その他 死亡保障付きのプランも 個人賠償責任補償の特約も 事故により180日以内に死亡した場合は死亡保険金最大1000万円 精神障害特約でうつ病などにも対応 保険料は加入時のまま変わらず

サラリーマンの場合は健康保険の傷病手当金という仕組み(標準報酬日額の最大2/3を最長1年6ヶ月うけとれる)がありますし、障害年金が受け取れるケースもあるので、良く必要性を考えて加入しないとですね。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)