4月より都民共済の保障がアップ (掛金据え置き)

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

この4月1日より都民共済の生命共済(総合保障型、生命共済6型)について制度改正があり、掛金据え置きで保障額が増えています。
対象者はお手元に新しい加入証が送られて来ているのでは?

うちは妻が都民共済に、私が埼玉県民共済に加入しています(お守り代わりに)。

上記、総合保障2型(月掛金2,000円の一番人気のコース)での変更点は、交通事故での後遺障害が60万円~2.4万円アップ、不慮の事故での後遺障害(交通事故除く)が20万円から0.8万円のアップ、不慮の事故での死亡・重度障害が20万円アップとなっています。

共済の場合剰余金は割戻し金として戻ってくるものなので、加入者がこの制度変更を単純に喜んで良いものかは難しいのですが(必要保障額から考えないと)、これから医療保険・生命保険に加入を検討する方は、上記の都民共済の保障額を基準に考えてみてはいかがでしょうか。

共済は営利目的の民間保険とは違い余計なコストがかからないので、掛け捨て保険としては非常に優れていますよ。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)