ENEOSでんきに変えて半年間の電気代は前年比マイナス20%でした

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今年の春に電力小売自由化という事で検討を行い、4月に東京電力からENEOSでんきに変更を行っています。

電力小売自由化に向けて変更先を検討していましたが、我が家は今月1日よりENEOSでんきに切替わりました(工事等無し)。 電気代が安くな...

今月でちょうど6ヶ月が経過しましたので、半年間の電力使用量と電気代を集計しました。

電気代は前年比マイナス20%、約8,800円削減

eng201610
上段は今年の5月以降半年間、ENEOSでんきに変えてからのデータ。下段は昨年のデータです(従来電灯B 40A、夫婦2名共働き、マンション84平米)。

電力使用量としてはマイナス5.0%と、気温差などで誤差の範囲ですが、今年の半年間の電気代はマイナス約20%(8,829円減)でした。

これとは別にTポイントが200円につき1ポイント付与されており、またENEOSでんきへの早期申込割引として別途2,000円が割り引かれています。

ちなみに、一昨年から昨年にかけて水道光熱費が20%減っている(LED照明の効果?)のですが、更に20%減は驚いた。

昨年とは原油価格安などで燃料調整費が異なる可能性があるので、全てが電力会社変更の効果とは言えないと思いますが、ともかくこの半年に支払った電気代が前年比20%も下がった事は喜ばしいです。

ENEOSでんきのメリット・デメリット

ENEOSでんきの電気代以外のサービスとして、Tポイント付与(200円(税抜)につき1ポイント)があります。

他社で独自ポイントをもらうよりは、Tポイントなら汎用性が高く、ウェルシア薬局で月一回のウェルシアデーには1ポイント1.5円で使えるなどお得な使い方も出来るので、私としてはありがたい。

また、車をよく使う人は、ENEOSカードで電気代を支払えば、ガソリン代もリッター1円引きになります(通常のENEOSカードの特典に加えて更に割引)。

デメリットとしては、ENEOSでんきは120kWhまでの単価は東京電力の重量電灯Bよりも高いので、月の使用量が180kWhに収まる家庭ではむしろ電気代が高くなる点。

必ず、自分が毎月どの程度電気を使用しているか、確認が必要です。

応援ありがとうございます
>>家計管理・貯蓄ブログランキング
スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする