LED電球を初導入したが、明るさや光の広がりも問題無し

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

我が家は一番電気代を喰っていると思われるリビング・ダイニングの電球照明に調光器が入っている為、未だに蛍光灯タイプやLEDへ移行できずにいます(その後、一部をLED電球化しました)。

うちのリビング・ダイニングは調光器を使っている為、白熱電球から電球形蛍光灯やLED電球に移行できずにいました(ちなみに調光器未対応の蛍光灯やLED電球は100%点灯状態でも使えません)。しかし最近は、白熱電球も非常に入手しづらくなっており、

今回、洗面台の天井埋め込みの電球が切れた為、こちらはLEDに変更しました。

  • 変更前:60W型レフ電球(E26口金)
  • 変更後:485ルーメン レフタイプLED電球

天井埋め込みと言うことで、サイズが心配だったのですが、朝日電器のLEDエルパボールは全長102mm×外形63mmでほぼ変わらず。問題なく収まりました。

また、ビーム角が100度あるので光の広がりも従来と変わらず自然です。

スポンサーリンク

60w電球に相当するLED電球は?

LED電球の明るさの基準はE26口金(一般電球形)の場合、約485ルーメン以上で40ワット相当810ルーメン以上で60ワット相当、1520ルーメン以上で100ワット相当と言われているようです。

あとは光の広がり方が白熱電球とLED電球では違うので、注意が必要かと。

この分野かなりの勢いで進化しているのですね。が、調光器の入った照明は全交換しないとダメなんだろうなぁ。

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)