今年の夏は水出しコーヒーがマイブーム

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

夏はアイスコーヒーが美味しいのですが、ドリップしてから冷やすのが若干面倒だったりします。

が、今年は水出しコーヒーを夜中に仕込んでいるので、忙しい朝も手軽にアイスコーヒーが飲めます。

美味しい水出しコーヒーを飲むのに全く技術は要りません。

スポンサーリンク

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーとは文字とおり水から抽出したコーヒーの事。

同じ豆を使ってもお湯で抽出した場合とは香りも味わいも異なります。

抽出されるカフェインの量も少ないのかな。
全体的に雑味が少なくまろやかでスッキリした味に感じます。

あと、冷やしても香りが良い。

なにしろ通常のドリップで飲んでいる味とはかなり変わるので、自分好みの豆と煎り加減を見つけるよう試してみるのが面白い。
(最近は水出しコーヒーだとあまりにもガブガブ消費するのでお徳用の豆しか買いませんが)

水出しコーヒーの作り方

水1リットルに対し、コーヒー豆60~100g程度。

お茶っ葉フィルターに入れて一晩(8時間)冷やせば完了。

でも、お茶っ葉フィルターってコーヒー粉がこぼれたりする欠点が。。。。

今年うちで活躍しているのはハリオの水出しコーヒーポットです。

ちゃんと水出しコーヒー用に目の細かいメッシュがストレーナーに付いています。

食洗機にも対応。

洗うのも楽ちん(ストレイナーの底が外れるので粉も残りません)。

PR:我が家はENEOSでんきに変えて年間で1万円以上安くなりました。
比べてみようENEOSでんきシミュレーション

応援ありがとうございます。
>>家計管理・貯蓄ブログランキング

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事(一部広告を含む)