スマホだけで現金をおろせるサービス

最近は財布を持たずにスマホ1つで出かけることも多いのですが、急きょ現金が必要になる事ってありませんか?

最近は、住信SBIネット銀行など、キャッシュカードがなくても、スマホアプリでATMから現金をおろせるサービスがあり、いざという時に非常に助かっています。

他には、セブン銀行auじぶん銀行PayPay銀行もスマホでATMから出金できるようです。キャッシュレス派の方は、この手のサービスを行っている銀行口座を一つ持っておくと安心ですよ!

また、手数料がかかりますが、LINE Payも残高をセブン銀行ATMから出金可能なので、バックアップとしてメモしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行 スマホでATMを利用する方法

住信SBIネット銀行では2020年10月29日より「アプリでATM」というサービスを開始しました。

キャッシュカード不要でスマホアプリでセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで表示されるQRコードを読み取ることでで入金・出金が出来ます!
スマホさえあればOKという、まさに、今どきの銀行の使い方。非常に便利なサービスです。

セブン銀行ATMとローソン銀行のATMがどこにあるか、検索用URLを置いておきます。

セブン銀行ATM検索

ローソン銀行ATM検索

サービスの利用に必要な手続き

さて、住信SBIネット銀行のアプリでATMを利用するには、スマート認証NEOの設定が必要です。これは、住信SBIネット銀行のアプリと、スマホの個人確認機能(指紋認証や顔認証)を紐付けるもので、万が一スマホを落としたときにも悪用を防ぎます。

手数料・手数料無料回数について

「アプリでATM」のATM引出無料回数はキャッシュカード・デビットカード利用時の無料回数と共通です。2021年5月以降、最低でも月2回、最高で月15回まで手数料無料で引き出しが可能です。

住信SBIネット銀行のメリット・デメリット

ハイブリッド預金口座で金利優遇

住信SBIネット銀行の利用者の多くはSBI証券と組合わせて使うのが基本ではないでしょうか。SBI証券で使用する資金のプール場所として「ハイブリッド預金口座」が利用できますが、通常の円普通預金金利が0.001%なのに対し、ハイブリッド預金口座の金利は0.01%と10倍に設定されています。

ちなみに、スマホアプリでATMから出金ができる銀行はいくつかあるのですが、セブン銀行とPayPay銀行の普通預金金利が0.001%と低いので私は利用していません。

auじぶん銀行はauカブコム証券と連携させることで、現在キャンペーン(auマネーコネクト優遇プログラム)を行っており、普通預金金利が0.1%にアップしています。

米ドル調達コストが片道4銭

あとは、やはりSBI証券と組み合わせの話になりますが、住信SBI証券は為替コストを非常に安くドル調達ができるので、SBI証券で米国株や米国ETFを購入する人にとってマストとなっています。

通常、SBI証券口座では1米ドルあたり25銭の為替コストがかかりますが、住信SBIネット証券では1米ドルあたり4銭で調達可能です。

LINE Payでセブン銀行ATMに出金する方法

LINE Pay(本人確認済みアカウント)は、1回あたり220円(税込)の手数料がかかりますが、スマホだけでセブン銀行ATMから出金することが可能です。手数料がかかるので、普段使うことはまず無いのですが、イザと言うときは対応可能です。

手順① LINE Payの設定よりアクセス

手順② 設定の中の出金を選択

③ セブン銀行ATMよりQRコードを読み込む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
1日1回、応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

おすすめ記事

クレジットカード・電子マネー
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。
じゅん@

40代、既婚、会社員。メインはインデックス投資がテーマのブログを書いている投信ブロガーですが、当ブログでは人生を楽しみながら資産形成するライフスタイルをテーマに書いています。「貯める」「使う」「投資する」のバランスが大事。質問やコメント、同様なテーマのブログとの相互リンクなど大歓迎ですので、お気軽に連絡下さい。

Twitter・RSSを購読する
家計&資産管理マニュアル

お気軽に質問や感想などを下のコメント欄よりお寄せください